特定非営利活動法人 IT百撰アドバイザー・クラブ

スタッフ専用

特定非営利活動法人 IT百撰アドバイザー・クラブ

スタッフ専用

関西IT百撰とは


近来、ITは企業にとっては欠かせない要素となりました。世の中の流れに沿い、大企業から中小企業へその構築は必須になってきていますが、ITにつきまとうコスト、知識、メンテナンスといった要因により、中堅・中小企業経営者様にとっては導入の判断をより慎重にさせるものでもあります。この要因を克服し、いかにITという道具を使いこなし、経営にそして企業の最終目的である利益につなげていけるかが企業の課題となります。

私たちIT百撰アドバイザー・クラブは、関西地域において、ITを活用し、優れた業績をあげている中堅・中小企業様の事例を紹介しております。ITの活用に取り組む中小企業経営者様の皆様の参考に、引いては関西のIT活用のスタンダードを引き上げ、関西地域産業の活性化を図る糸口になることを願い、当事業を発足致しました。

2001年より、毎年、継続して優れたIT活用事例を紹介し、2002年度からは、優秀企業経営者様に「IT百撰フォーラム」と題して、事例の講演を行っていただいております。事例については、最新の技術か否かは問わず、ITを経営の目標達成の手段として有効に活用した事例を集め、紹介しています。

2009年度からは、関西経済連合会から関西サイエンス・フォーラムへと事業が継承され、特定非営利 活動法人CAE懇話会も新たに共催として加わり、これまで関ってきた企業様からも熱い支援を受け、新たに事業を展開して行くこととなりました。

フォーラムには300人近くの方に足を運んでいただくまでとなり、今後もボランティアメンバーである「IT百撰アドバイザー」と協力し、より意味のある事業として行きたいと考えております。

関西IT百撰の詳細はこちら

 2012年度の募集について

2016年度 関西IT百撰企業募集を7月1日より開始します
応募の詳細はこちら

 募 集 要 項

応募基準:関西地域(大阪府、京都府、兵庫県、滋賀県、奈良県、和歌山県、福井県、三重県、 徳島県の2府7県)に事業所を置く中堅・中小企業(従業員1000名以下)とします。

審査基準:①優れた戦略とそれを支援するIT活用で優れた業績をあげているかどうか。
②他の中堅・中小企業の参考になるかどうか。
③IT化に対してのトップの熱意とリーダーシップがあるかどうか。

選考の流れ


エントリー
IT百撰ホームページより、申し込み内容を記載の上、エントリーします。

【申し込み記述内容】
応募企業:(企業名、所在地 等)
事業内容:(業種、資本金、設立、売上高、従業員数)
応募内容:(取組要約、導入効果、取組背景、システム概要、成功要因)
記 入 者 :(自薦、他薦他)

訪問日調整
Emailにより企業経営者または取締役以上の方へのご訪問日を調整します。

企業訪問
IT百選アドバイザー2名が選考企業訪問します。
事例についての説明をいただき、質疑応答をさせていただきます。

1次選考
企業訪問後、訪問アドバイザーにより、1次選考を行います。

最終選考
1次選考通過企業について関係者及びIT百選アドバイザーで、最終選考を行います。
ページトップ